なんでも相談室

弊社施工の健康住宅無垢の家のあらゆるご質問にお答えするコーナーです。
ご質問、問い合わせの多い項目で標記させていただいております。
どの様なご質問でもいただければ幸いです。

エコ通気システムの特徴は簡単にいうとどういう工法ですか?

断熱層を挟んで内外に空気の流れる二重の通気層があります。空気湿度の違いにより常に流れる空気に壁内をふれさせることにより、壁内の結露を防止したり、壁体の温度差をなくす働きをします。また、高温多湿な関東の夏は暖まった暑い空気は最上部へ上り、換気ユニットにより外部へ強制排気させると共に床下の涼しい空気を内側通気層へ呼び込みます。寒い冬は床下換気口、屋根換気のすべてを閉じて、家全体を魔法瓶状態にします。また壁や屋根で暖められた空気を天然暖房として外側通気層より内部へ送り込みます。エコ通気システムは自然のエネルギーを利用した人にも環境にも優しい「衣替えの出来る家」です。

エコ通気システムは高気密・高断熱ですか。

高気密・高断熱の家は冬型の家と言えます。関東地方には暑い夏があり、高温多湿となりますので、クーラーに頼ることになります。ビニール等で壁や天井を張り込むと気密が上がりますが、壁体内の呼吸ができません。どこからか湿気は必ず入ってしまい、それが抜けない状態が、壁内結露の原因となります。昔から日本の家が高寿命なのは、湿気を吸っても吐く(乾く)ことができるためです。エコ通気の家は、下地材から断熱材、仕上げ材にいたるすべての材料が呼吸できる素材を使用しております。1年を通じての快適性を追求した結果の工法です。

耐震性等の建物強度は大丈夫ですか。また、耐震実験などしていますか。

同じ間取りはありませんので、耐震実験はしておりませんが、構造の強さは特にこだわっております。品質及び品質管理では日本屈指の産地で全品検査、刻印表示の工場体制を持つ紀州の山長商店からすべての構造材を仕入れております。樹齢60年以上の目ごみ材で強度の高い骨太構造材をふんだんに使用し、木組みプラス全ての仕口に認定品の金物補強締め、構造体の外側全面に面構造体の構造パネルを張り強度を高めております。また、(財)住宅保証機構の第3者建築士により基礎検査及び上棟完了時検査の2度受験します。そして完成時に行政による竣工検査も全棟受け、各検査済み証もお渡しさせていただいております。

各メーカーや工務店で標準坪単価に含まれる工事の項目や仕様が違いますが、リソーケンセツの標準仕様を教えて下さい。

一般的に坪単価表示の範囲ですと、完成しても住めない様な状態で、金額表示を低く押えオプションで積み上げる方式の会社が多いようです。当社では十分お話しを聞かせていただき、ご提案図面を作成し、工事別詳細見積書を早い段階で提出させていただきます。工事に必要な費用が全てをお客様が把握できるシステムですので、契約後に思わぬ追加工事でお施主さまを困らせるようなことはない様、心がけております

 
当社の標準仕様の一例
1 基礎 耐圧ベタ基礎 D13鉄筋タテヨコ共150mm間隔 厚さ150mm
(テストピース現場採取、1週・4週破壊検査実施)
2 土台 紀州産樹齢50年物 桧4寸芯持材
3 紀州産樹齢60年物 杉または桧4寸〜7寸芯持材
4 紀州産平角・丸太梁 樹齢60年〜120年物 杉または松材
5 内部フロアー 杉・桧・赤松・パイン・チーク他(全て無垢材 厚さ20~30mm)
6 内部造作材 杉・桧の無垢材 オスモ塗料塗り *内部造作材および下地材いんは全て無垢材使用
7 屋根材 三洲本瓦葺き・素焼き陶器瓦葺き・庇、下屋ガルバニウム銅板葺き
8 サッシ 全ペアガラス 網戸つき 断熱サッシ・樹脂サッシ
9 外壁仕上げ 無塗装板サイディングに外壁材吹付けまたは塗り・モルタル下地外装材塗り仕上げ
10 内壁・天井 珪藻土塗り・漆喰塗り(無添加糊使用)・無垢板張り・越前和紙貼り
11 内部建具 すべて秋田杉材による手作り
12 国産無農薬畳床・備前表・琉球表
13 浴室 ユニットバス(全メーカー対応)・総檜風呂(自社製造)
14 キッチン システムキッチン(全メーカー対応・手造りオーダーキッチン対応
15 トイレ シャワートイレ(1階)
16 給排水管 ヘッダー式システム配管
17 照明器具 オーデリック他全メーカー対応
18 一般管理費 各種保険・イエンゴ完成保証(工事期間)・住宅保証機構性能保証(10年)
設計確認費用・施工管理費用など含む。

合板、新建材、ビニールクロス・クッションフロアなど使用希望は可能ですか。

基本的に使用できません。内装材はすべて呼吸のできる無添加無垢の素材(接着剤を含めて)を使用させていただいております。

外壁の塗り替えは何年くらいでメンテナンスか必要ですか。

環境によって異なりますが(南面と北面など)当社使用のもので約10年くらいでのメンテナンスか理想です。実際は10年〜15年くらいで塗り替えされているお客様か多いようです。化粧サイディングの場合、劣化すると張替えが必要になり、メンテナンス費用も高額になります。当社の場合、塗り替え費用はOBの方に特別価格にて施工させていただいておりますので、ぜひご相談下さい。

薪ストーブのメンテナンスはお願いできるのでしょうか。

通常のメンテナンスはみなさんご白身で行われておりますが、全体(煙突も含む)を掃除したい場合、専門菓者にお願いすることもできます。(有料になります。)費用の目安は4〜5万円くらいかかります。(使用頻度により遣いますが、当社展示場の場合、冬季毎週土日使用で、2〜3年に1度程度専門菓者にお願いします。)

床にキズができたらどうしたらよいのでしょうか。

杉の特長は暖かく柔らかい素材です。空気をたくさん含んでいますので、冬は暖かく、夏はさらさら涼しく、とても足触りのよい材料ですが、日常生活の中でキズをつけてしまうこともあると思います。そんな暁は、無地のタオルをぬらしスチームアイロンをかけることにより、無垢材の回復しようとする働きにより戻ります。また、大きなキズの場合、無垢材なので削ることもできます。これは無垢材だからできることです。新築時は杉も白く、キズも目立ちやすいですが、年月か経つにつれ深みを艶が増しキズも目立たなくなります。そしてなにより愛着のわく素材です。(イベントでメンテナンス講習会を開催しておりますので、是非ご参加下さい)

トップへ
無添加無垢の家 株式会社リソーケンセツ 本社 埼玉県春日部市梅田本町2-16-5
048-763-4800

(受付時間:9:00〜18:00)